ホーム > エイジングケア化粧品 > エイジングケア化粧品と若者の大人ぶる姿

エイジングケア化粧品と若者の大人ぶる姿

若い子は大人に近づきたくて濃いメイクをし、ある程度の年齢の人はメイクが分かってくるから薄くなるそうな。だからテレビ番組のロケなんかで、街中でメイクばっちりで服装も大人っぽい人に年齢を聞いて、「まだ○歳なの?」と驚かれるケースがありますよね。でも大人っぽいけどまだ若いんだろうな、って答えを聞く前に分かりますよね。あれは多分、ぱっと見は23歳くらいにみえるけど、本当の23歳がするメイクじゃないから23じゃないと脳が判断しているのだと思います。大人ぶっても若者ぶっても、本当の年齢の人が見たらすぐに違いが見破られてしまうということですね。

 

必要な方はエイジングケア化粧品で

 

エイジングケア化粧品を使って、少しでも老化を防ごうという人がいる一方で、早く大人になりたいと思う人がいる。ないものねだりなんでしょうか。若さが何より武器なのに、それを恥じるのは勿体ないなぁと思います。無気力な若者も多いですけど、今をもっと楽しめよ、ときにははっちゃけてしまえよ、と思ってしまいます。動けるうちに動いておいたほうがいいのになぁなんて。年上の人の意見は聞いておいたほうがいいですよ。うるさいと思われるかもしれませんが、自分が年をとったときに、素直に聞いておけばよかったと後悔しないように。